文字サイズ

企業情報

沿革

伊藤組土建のあゆみ

パイオニア精神で北海道を創る

伊藤組は初代伊藤亀太郎が新潟県出雲崎より渡道した後、明治26年(1893)に新都・札幌に創業されました。当時の札幌は人口わずか27,000人あまり、前年の札幌大火により多くの家々が消失し、新しい建築の力が望まれていました。

建設のつち音が高らかに鳴り響く一方で、明治27年の日清戦争によるあわただしい世相や経済変動の激しい波にもまれる札幌。まさに黎明期の新天地で、伊藤組は総合建設業へのスタートを切ったのです。

ジョン・バチェラー博士邸
ジョン・バチェラー博士邸

創業時の初代は31歳。実直な性格と確かな腕で、明治31年(1898)のジョン・バチェラー博士邸をスタートに函館区役所、旭川偕行社、札幌郵便局など数多くの工事を手がけ、伊藤組の基礎を築きました。そして伊藤組創業の年に生まれた2代目伊藤豊次が大正12年(1923)に事業を継承、戦前、戦後の激動期を豊かな統率力で乗り切り、昭和31年(1956)現名誉会長伊藤義郎にバトンタッチされています。

旭川偕行社
旭川偕行社

伊藤組の先人たちは、つねに北海道のパイオニアたらんと目標を掲げて参りました。初代から脈々と受け継がれているものに「責任観念」「誠心誠意」この二つの言葉があります。これこそが伊藤組のバックボーンであり、社是となっていま社員に引き継がれているのです。

北海道は未来へそして世界へつながる大地です。これからも伊藤組は北海道の発展の歴史とともに歩んできたことを誇りとし、常に創業の気概と、パイオニア精神を忘れることなく21世紀の豊かな社会環境を創造していきます。

3代目札幌駅の上棟式
3代目札幌駅の上棟式

伊藤 亀太郎(1863~1944)

伊藤組の創業者、明治中期から数多くの工事を手がけ、伊藤組の基礎を築いた。特に名建築といわれたものに旧札幌駅、旧札幌郵便局、札幌独立基督教会クラーク記念会堂などがある。 大正5年(1916)に自らが組合長となって札幌土木建築請負業組合を創立。同組合はその後北海道建設業協会へともつながり、北海道における建設業界の組織化の生みの親ともいえる役割を果たした。

伊藤 亀太郎

伊藤 豊次(1893~1962)

大正12年(1923)、30歳で事業を継承。 札幌商工会議所会頭、北海道商工会議所連合会会頭などを歴任、さらには北海道建設業協会の会長を24年間務めた。

伊藤 豊次



北海道の歴史と伊藤組のあゆみ

明治

年号伊藤組のあゆみ北海道の歴史
明治元年
(1868)

新政府誕生

2年
(1869)

蝦夷地を北海道と改称

4年
(1871)

開拓使庁を札幌に置く。顧問として、米国農務局長ホーレス・ケプロンを招く。

6年
(1873)

外国人技師ライマン等の指導で、それぞれ全道三角測量事業、地質鉱物調査を実施。
亀田~札幌間の新道(札幌本道)完成。

7年
(1874)

屯田憲兵例則制定(翌年、第1回屯田兵198戸、965人が琴似村に入地)。
函館・札幌・小樽間の電信、公事通信始まる。

9年
(1876)

札幌農学校(北海道大学の前身)開校。
教頭として、米国人ウイリアム・スミス・クラ-クを招く。

13年
(1880)

札幌~手宮(小樽)間に鉄道開通。

15年
(1882)

開拓使を廃止。函館、札幌、根室の3県を設置。

19年
(1886)

3県1局を廃止し、北海道庁を設置。

21年
(1888)

道庁赤れんが庁舎新築落成。

26年
(1893)

伊藤亀太郎、札幌に建築工事請負業創業

30年
(1897)

北海道区制、一級町村・二級町村制公布、郡役所を廃止し、19支庁を置く。

31年
(1898)
35年
(1902)
41年
(1908)
42年
(1909)

苗穂に製材工場開設、同所に鍛治工場併設

  • 東北帝国大学農科大学林学科教室

 

43年
(1910)
  • 札幌中央郵便局
44年
(1911)
  • 小樽港手宮高架棧橋

大正

年号伊藤組のあゆみ北海道の歴史
大正2年
(1913)
  • 室蘭駅機関車庫
    (北海道初の鉄筋コンクリート建築)
5年
(1916)

室蘭出張所開設

  • 室蘭中学校
7年
(1918)
  • 開道50年記念北海道博覧会会場
8年
(1919)

本店事務所落成

  • 北海道鉄道管理局釧路工場
10年
(1921)

函館製材販売所開設

  • 北海道銀行札幌支店
11年
(1922)

札幌・函館・小樽・旭川・室蘭・釧路に市制施行。

12年
(1923)

伊藤豊次、伊藤組事業の一切を継承

昭和

年号伊藤組のあゆみ北海道の歴史
昭和元年
(1926)

札幌~東京間の電話開通。

2年
(1927)
3年
(1928)
  • 空沼岳秩父宮ヒュッテ
8年
(1933)
  • 室蘭栗林商会
9年
(1934)
  • 札沼線石狩川橋梁
12年
(1937)

札幌~東京間に定期航空路開設。

14年
(1939)
  • 北海道炭礦汽船長流第2発電所
21年
(1946)

伊藤組土建株式会社設立
東京事務所開設

道庁、北海道開拓者集団入殖施設計画を定め、緊急開拓事業を推進。

22年
(1947)

伊藤組鉄工株式会社設立
伊藤組木材株式会社設立 

地方自治法の施行により、北海道庁を北海道と改称。

25年
(1950)
  • 札幌中島球場

北海道開発法を公布、北海道開発庁を設置。第1回札幌雪まつり開催。

26年
(1951)
29年
(1954)

伊藤組農林株式会社設立
芽登第1発電所第2工区

青函トンネル工事の起工式。

31年
(1956)

各社の取締役会長に伊藤豊次
取締役社長に伊藤義郎就任

36年
(1961)

株式会社伊藤組設立

  • 雪印乳業札幌工場
  • 札幌雪印スノー会館
  • 森永乳業札幌工場
38年
(1963)

木材集成材工場新設
伊藤ビルディング竣功
伊藤組創業70周年記念式典

39年
(1964)

東京事務所を東京支店と改称

40年
(1965)
41年
(1966)

北海道建設会館ビル

42年
(1967)
  • 東名高速道路御殿場
43年
(1968)

北海道100年を迎える。

44年
(1969)

仙台支店開設

45年
(1970)

プレハブ工場生産開始

46年
(1971)

伊藤加藤ビル竣功
KFC真駒内店オープン

札幌に地下鉄開通。

47年
(1972)

冬季オリンピック札幌大会開催。

48年
(1973)

伊藤組創業80周年記念式典

  • 札幌市第2清掃工場
49年
(1974)
50年
(1975)
51年
(1976)
  • 札幌市北13条大橋
53年
(1978)
  • 札幌ターミナルビル地下街
54年
(1979)
56年
(1981)
57年
(1982)
58年
(1983)

伊藤組創業90周年記念式典

59年
(1984)

伊藤組土建、資本金10億円に

  • 札幌流通総合会館
60年
(1985)

アメリカ・オレゴン州ポートランド市に事務所開設

61年
(1986)
63年
(1988)

青函トンネル開業。新千歳空港(民間専用空港)開港

平成

年号伊藤組のあゆみ北海道の歴史
平成元年
(1989)

伊藤組土建出資によるテレビ北海道設立

2年
(1990)
4年
(1992)

伊藤組木材本社・工場
石狩新港に新設移転

  • 新発寒清掃工場
5年
(1993)

伊藤組創業100周年記念式典

第5回ラムサ-ル条約締結国際会議を釧路市で開催。

6年
(1994)
7年
(1995)
  • 道都大学美術学部
  • 札幌芸術の森アートホール
8年
(1996)
  • 手稲メルシャンプラース
  • 幌平橋
9年
(1997)

行政改革会議で、中央省庁の再編に関連して、北海道開発庁を新設の国土交通省に統合することを決定。

10年
(1998)
11年
(1999)
12年
(2000)
  • 大鳳新水路
  • 留萌市立総合病院
  • 足寄国民健康保険病院改築
14年
(2002)

取締役会長に伊藤義郎就任
取締役社長に吉野龍男就任

15年
(2003)
16年
(2004)
17年
(2005)

知床半島が世界自然遺産に登録される

18年
(2006)
19年
(2007)
20年
(2008)

取締役名誉会長に伊藤義郎就任
取締役社長に平野良弘就任

北海道洞爺湖サミット

21年
(2009)
22年
(2010)

取締役会長に平野良弘就任
取締役社長に津司武就任

支庁制度改革、支庁を「総合振興局・振興局」と改称

23年
(2011)
24年
(2012)
25年
(2013)

取締役副会長に津司武就任
代表取締役社長に玉木勝美就任
伊藤組創業120周年記念式典

26年
(2014)
27年
(2015)
28年
(2016)

北海道新幹線 新青森・新函館北斗間開業