文字サイズ

実績紹介

土木実績

石狩川改修補償工事の内 道道栗山北広島線移設外工事

当工事は、北広島市に位置する裏の沢川の将来的な築堤の拡幅計画に伴い、隣接する道道1080号線(栗山北広島線)を移設することを目的とした補償工事です。
 工事延長が約1kmある内の、約850mは過年度工事として盛土工事が完了されていて、当現場の工事内容としては、残りの約150m分の盛土工事、過年度盛土部も合わせての約1km分の下層路盤・道路排水桝・縁石工事、盛土法尻部の排水工事、それと盛土部から隣接する畑に、農家さんが耕作機で出入りするための取付道路の設置工事等を行いました。
 本格的な工事は9月中旬から開始し、冬期間工事となる12月までに大方の作業を終わらせなければならなく、工事中は最大で13台の重機が稼働し、日々めまぐるしく変化する現場状況の中での工事となりました。

概要

用途河川
地域北海道
所在地北広島市、南幌町
発注者北海道開発局 札幌開発建設部 千歳川河川事務所
施工年/月2020年2月