文字サイズ

実績紹介

土木実績

新千歳空港誘導路アンダーパス外工事

本工事は、新千歳空港において国際線ターミナル地域再編事業の一環として南側誘導路の整備に伴い、一部道路をアンダーパス化することにより空港内の交通動線を確保するものです。

概要

用途道路
地域北海道
所在地千歳市
発注者北海道開発局 札幌開発建設部 千歳空港建設事業所
施工年/月2019年1月
特徴発注段階で工期内の施工が厳しかったが、壁鉄筋のユニット化や足場一体型大型型枠の使用、高所作業車による無足場作業など多数の工夫を行い、工期内に施工を終えることができました。
また、技術提案として底版と壁のコンクリート打継部の温度差に起因する外部拘束による温度ひび割れが懸念されたため、壁部の下40cmの高さまでNDR(超遅延剤)を添加したコンクリートを打設することにより凝結を遅延させ外部拘束を低減させ、温度ひび割れを抑制しました。
発注者から高い評価をいただくことができました。
最後に前項でも述べたように工程が厳しく、また9月の地震や二度の台風直撃などにより、工期内での施工が危ぶまれましたが、職員一丸となり無事故無災害で無事終了することができました。