文字サイズ

技術・サービス

土木技術

安全と環境に配慮した都市インフラ工事 スキージャンプ台工事のパイオニアとして
解析に基づいた安全かつ確実な施工 情報化施工への対応
各種新技術への対応 ICTを活用した攪拌管理
ICTを活用した盛土施工管理 i-Constructionへの取り組み
BIM/CIMへの取り組み

i-Constructionへの取り組み

i-Constructionとは

国土交通省では、建設生産システム全体の生産性向上を図り、魅力ある建設現場を目指す取り組みであるi-Construction(アイ・コンストラクション)を進めています。 i-Constructionではトップランナー施策として、「ICTの全面的な活用(ICT 土工)」、「全体最適の導入(コンクリート工の規格の標準化等)」、「施工時期の平準化」の3つが設定されています。

ICT技術の全面的な活用

規格の標準化

施工時期の平準化

i-Constructionの目指すもの
  • 一人一人の生産性を向上させ、企業の経営環境を改善
  • 建設現場に携わる人の賃金の水準の向上を図るなど、魅力ある建設現場へ
  • 建設現場での死亡事故ゼロに
  • 「きつい、危険、きたない」 から 「給与、休暇、希望」 を目指して

施工事例

一般国道231号石狩市
床丹防波柵設置外一連工事

工事概要
施工延長 L=228m舗装工 アスファルト舗装 A=751m2
作業土工(床掘り) V=1,500m3防護柵工、構造物撤去工、仮設工
防波柵基礎工 基礎コンクリート V=744m3[施工条件]
防波柵設置工 柵高 6.7m L= 60m
柵高 3.4m L=168m
片側交互通行による施工(夜間開放)
気象条件(越波)により作業中止有り
▲施工前
▲完成イメージ(3D+点群)
▲完成写真
1.3次元起工測量
TLS(地上型レーザースキャナ)による起工測量の実施

施工箇所は供用されている一般国道であり、安全面を配慮して車道上での作業を必要としないTLSによる起工測量を実施しました。点群データを取得することで、追加測量なく任意測点での2次元横断図の抽出が可能となり、業務軽減に繋がります。設計変更により施工延長が増加しましたが、追加測量無しで対応することができました。

2.3次元モデルの作成と活用
支障物への対応

安全な走行車線を確保した仮道計画のため、3次元モデルを活用しました。
施工時は、防波柵基礎・舗装工に必要な施工スペースを確保しつつ、走行の安全性を確保した仮道車線を山側に設置する必要があります。3次元モデルから疑似的な走行動画を作成し、離隔や擦付距離、運転視野などの安全性を確認、施工の可否の判断、影響範囲の判定を行います。検討の結果、現況では起点側60mが施工不可と判断され、支障となったCCTVカメラについて早期に協議を行い、一時撤去を実施しました。

舗装工への活用

施工箇所の既設道路に関する諸元データが不足していたので、起工測量のデータを使用し、現況を詳細に把握し、設計データ作成しました。

▲起工測量で取得した点群
▲縦断図作成
▲3次元モデル作成
3.遠隔臨場
遠隔臨場による品質証明検査の実施

遠隔臨場による検査を5回実施し、品質証明員の移動時間を延べ20時間短縮することができ、品質証明員の負担軽減ができました。また始業時や夕方の検査が可能になり、効率良く検査を実施することで、工程を短縮できました。


▲検査状況(本社)

▲検査状況(現場モニター)
4.規格の標準化
プレキャスト製品活用による生産性向上

従来の施工方法では、型枠設置からコンクリート打設、養生・脱型まで約12日間かかるところ、プレキャスト製品を活用することにより、施工日数が4日となり、8日の工程短縮ができました。


▲従来工法(過年度施工状況)

▲プレキャスト製品設置

施工ステップ4Dシミュレーション

4Dとは、3次元データに時間情報を持たせたものです。施工ステップシミュレーションで施工手順や変更案を可視化し、工程や安全施工のより具体的な検討を行うことが可能になります。

このサービスに関するお問い合わせ

伊藤組土建 土木部

連絡先011-241-8296

メールでのお問い合わせ