文字サイズ

実績紹介

土木実績

一般国道452号三笠市桂沢ダム8号橋 ①P2橋脚工事②下部工事

桂沢ダム8号橋は既設の桂沢ダムを11.9m嵩上げして機能を向上させる新桂沢ダムの建設に伴う付け替え道路の一環で、橋長416.1m、全幅員12.0mの4径間連続ポステンPC箱桁橋です。

工事の特徴として、橋脚の基礎部分を鋼殻吊り降ろし式によるニューマチックケーソン工法で施工しました。この工法は道内で3例目、岩盤掘削としては道内初となります。

最初に鋼殻を作業構台上で組み立て(鉄筋組立と並行作業)、それを100tジャッキ6台で吊り降ろして湖に浮かべ鋼殻の中にコンクリートを流し込み湖に着底させ、その後、作業室内に圧縮空気をコンプレッサーで送り込み作業空間を作ります。地盤が岩盤(軟岩Ⅱ)だったため、掘削は24時間4交代で行い、ブレーカーと発破を併用し沈下させました。

概要

用途道路
地域北海道
所在地三笠市桂沢
発注者国土交通省北海道開発局札幌開発建設部
施工年/月2016年12月