文字サイズ

実績紹介

土木実績

山形市蔵王ジャンプ台サマーヒル化工事

建設後30年以上経過した蔵王ジャンプ台を、ワールドカップ国際基準や国際スキー連盟(FIS)の新規格の助走路となるように角度変更を行い、夏季に使用できるようにサマーヒル化も図っています。

K点はこれまでの90mから95mに、ヒルサイズは100mから106mとなり、国内で最大のノーマルヒルジャンプ台となりました。

竣工後の2016年1月には、ワールドカップレディース蔵王大会が無事開催されて、高梨沙羅選手が優勝しました。

概要

用途スポーツ・リゾート
地域道外
所在地山形市蔵王
発注者山形市
施工年/月2015年12月