文字サイズ

技術・サービス

換気排熱利用

建物の換気扇の廃熱を熱交換器によって回収し、ロードヒーティングなどに利用します。ですから、ボイラーなどの熱源が一切不要です。換気熱を利用した家計にも地球にも優しい、21世紀のロードヒーティングです。

廃熱利用技術

ロードヒーティング以外にも、住宅のスノーダクトの凍結防止、ビルの屋上笠木や窓周りの雪庇予防、ルーフドレインの凍結防止など様々な箇所で利用が可能です。本システムは、北欧住宅研究所と伊藤組土建とが共同開発しました。(特許取得済み:特許第4397427号)

経済効果

灯油式ロードヒーティングと比較するとランニングコストは、約89%の削減。灯油ボイラーや灯油タンクの設置も不要です。

環境効果

屋外に捨てていた熱の約6割を有効に回収利用できます。1か月あたりの二酸化炭素削減効果は265.2kg相当です。これは、普通自動車で1,378kmの走行分に相当します。 (36㎡をロードヒーティングした場合)

施工事例

建築物笠木の融雪例

医療法人 札幌山の上病院 様(札幌市西区)

2010年秋導入

傾斜地、狭小地での増築工事の要望を受け増築部1階に車路を設け駐車場に車両を誘導することになりました。

車路上部での雪庇に備え病院内ディールームの換気廃熱を利用した雪庇予防笠木を設置いたしました。

上部のアール部分が施工部分です。→

側面の雪庇が張出している部分は未施工部分です、効果が歴然としております。

駐車場のロードヒーティング例

医療法人社団 札幌優翔館病院様(札幌市北区)

トイレや浴室、機械室の排気に本システムを設置。既存9台の灯油ボイラーのうち 4台の熱源を換気廃熱に切り替えて正面側駐車場の約45%(写真奥側)を融雪しています。

商用施設への導入例(札幌市中央区)

既存物件への導入事例です。24時間営業のコンビニエンスストアーの換気扇4台のうち、 2台に本システムを設置。2台の既存灯油ボイラーのうち1台の熱源を交換し、76㎡ 分の融雪を換気排熱で実施しています。

ランニングコストが1/2になりました。

テラスの融雪例

サービス付高齢者向け住宅 イリス南郷通様(札幌市白石区)

機械室の廃熱を利用し融雪をしております。

1階居室専用テラス融雪

入居者様の除雪作業を不要にし、 積雪による圧迫感を融雪で排除いたしました。

(15㎡×5室)

1階 通用口前融雪

ロードヒーティング

モデル住宅:札幌市手稲区山口60「明日風のまち」

アシスト企画 モデルハウス

雪庇予防

ビル廃熱を利用した笠木の融雪実験(札幌市中央区)

このサービスに関するお問い合わせ

伊藤組土建 営業部(建築)

連絡先011-241-8222

メールでのお問い合わせ