文字サイズ

技術・サービス

利雪技術

施工事例 利雪技術の展開
雪冷房コンテナ 雪山技術

利雪技術の展開

SCS研究会

SCSとは Snow Cooling System(雪冷房)の略です。伊藤組土建(株)では2001年2月よりSCS研究会という社内プロジェクトチームを結成しました。建築部技術管理課を中心に雪冷房の実用化を目指し研究活動を進めています。

SCS第1実験棟(貯雪実験、全空気式冷房実験)

SCS技術基礎実験(雪下空冷実験)

簡易雪冷房模型(展示活動)

アスファルト面昇温実験

ちびっ子雪博士(イベント支援)
関係論文
  • 「雪を利用した移動式冷水循環型冷房装置の提案及び実験報告」(寒地技術シンポジウム、平成13年11月)
  • 「建設廃材を利用した雪山における断熱効果の実験報告」(寒地技術シンポジウム、平成14年11月)
  • 「雪山下の冷水循環実験報告と酪農施設への利用提案」(寒地技術シンポジウム、平成15年11月)
  • 「冷水昇温システム開発研究におけるアスファルト面利用基礎実験報告」(同、平成15年11月)
  • 「直接熱交換冷風循環方式雪冷房装置におけるフィルター効果実証実験報告」(同、平成15年11月)
  • 「パッケージ型浸水式冷水循環雪冷房装置の開発及び浸水式雪冷房システムの基礎的実験報告」(寒地技術シンポジウム、平成16年10月)
  • 「家庭用雪冷房に関する研究」(日本機械学会北海道支部、平成18年3月)
  • 「鉄道貨物用コンテナを用いた雪冷房装置の研究」(日本機械学会北海道支部、平成18年9月)
  • 「パッケージ型可搬式雪冷房装置の開発」(寒地技術シンポジウム、平成18年11月)
  • 「美唄雪山プロジェクトの取り組み」 (寒地技術シンポジウム、平成18年11月)
  • 「パッケージ型可搬式雪冷房装置の開発 -冷水循環型散水式装置の試作と実証試験-」(日本雪工学会、平成19年1月)
  • 「パッケージ型可搬式雪冷房装置の開発に関する研究」(室蘭工業大学学位論文、平成19年2月)
  • 「“雪山”の造り方」 (寒地技術シンポジウム、平成19年12月)
  • 「雪山貯蔵による雪および冷熱利用に関する研究報告」 (寒地技術シンポジウム、平成19年12月)
  • 「トラフを利用した風洞式雪山空気冷房の実験報告」(寒地技術シンポジウム、平成20年11月)
  • 「雪山断熱材としての木質チップ材の基礎性能に関する実験報告」(寒地技術シンポジウム、平成20年11月)
活動紹介
第35回全国消防救助技術大会

平成18年8月に札幌市で「第35回全国消防救助大会」(主催:財団法人全国消防協会、事務局:札幌市消防局)が開催されました。全国各地からレスキュー隊員が集まり救助技術を競う大きなイベントであり、北海道らしい特色を出すために、会場に「夏の雪」を展示しました。我が社はその雪運搬とイベント会場の雪山や雪だるまの製作、雪冷房装置の展示等を請け負いました。当日は、1万人の来場者があり大盛況でした。

北海道札幌工業高校貯雪実験棟

平成19年から北海道札幌工業高校で実施する雪氷冷熱利用の研究に向け、貯雪・貯氷の実験施設 を平成18年の夏に学校敷地内において施工しました。 翌3月には、建物屋根の落雪を利用したミニ雪山ができあがりました。

貯雪実験棟

実験雪山

関連特許出願
  • 「雪氷を利用した移動式冷水循環型冷房装置」(平成13年8月7日 特願2001-275749)
  • 「再生貝殻を利用した雪氷による冷水循環型冷房装置用濾過装置」(平成13年8月7日 特願2001-275750)
  • 「換気廃熱を利用した融雪・凍結防止装置」 (平成20年1月30日 特願2008-046832)
  • 「漏斗状浸水式冷水槽をもつ雪氷冷房装置」 (平成21年2月24日 特願2009-66968)
  • 「浸透性舗装材を利用した二重構造浸水式冷水槽をもつ雪氷冷房用冷熱回収装置」(平成21年6月26日 特願2009-169507)
参画団体
  • 日本雪工学会
  • 美唄自然エネルギー研究会
  • NPO利雪技術協会

NEXT:雪冷房コンテナ

このサービスに関するお問い合わせ

伊藤組土建 営業部(建築)

連絡先011-241-8222

メールでのお問い合わせ