文字サイズ

技術・サービス

利雪技術

施工事例 利雪技術の展開
雪冷房コンテナ 雪山技術

冬に降った雪を夏まで保存し、夏に冷熱エネルギーとして利用する「雪冷房」。 積雪地帯である北海道の特性を活かした新たな取り組みとして注目を集めています。 自然エネルギーの活用、省エネ、二酸化炭素の排出抑制の効果、空気をキレイにする清浄効果、マイナスイオン発生効果など、地球環境と資源を大切にしながら、快適な空間を提供する、北国に適した冷房システムです。

施工事例

モエレ沼公園ガラスのピラミッド<浸水式冷水循環雪冷房>

平成15年に7月にオープンした北海道札幌市の 『モエレ沼公園ガラスのピラミッド』(愛称:ひだまり)を伊藤組土建が施工を担当しました。 隣接する33m×21mの大きな地下貯雪庫に雪が貯蔵され、夏期に雪の融解水から熱交換を行いピラミット部分であるアトリウムを冷房しています。

名称 モエレ沼公園ガラスのピラミッド(ひだまり)
工期 平成13年2月~平成15年4月
発注 札幌市
設計 アーキテクトファイブ・横河 共同企業体
施工 伊藤・岩倉・藤井・菱中・山崎 共同企業体
面積 3,863.699m²(建築面積)5,328.505m²(延面積)
構造 地上4階、棟屋1階建て
貯雪量 1,580t(浸水式冷水循環雪冷房)

北海道洞爺湖サミット 国際メディアセンター(IMC)<全空気式+冷水式雪冷房>

2008年7月に開催された北海道洞爺湖サミット。「環境」がメインテーマでもあり、国際メディアセンター(IMC)の空調にも雪冷房が利用されました。

名称 北海道洞爺湖サミット国際メディアセンター整備事業
工期 2007年12月~2008年3月
発注 竹中・岩田地崎・伊藤特定建設工事共同企業体   日本設計グループ
面積 約10,700m²
構造 仮設鉄骨造
貯雪量 7000t

雪室雪投入(ロータリー)状況(外部)

雪室雪投入状況(内部)

新千歳空港クールプロジェクト<雪山利用>

北海道の玄関口、新千歳空港では、空港内に積もった雪を夏まで雪山として保存し、ターミナルビルでの冷熱利用と、融解水による水質汚染防止の一石二鳥の取り組みを行っています。その一環としてサミット開催時にも様々な取り組みを行いました。

雪山の断熱材実験(チップMt.)

滑走路横に木質チップ材を断熱材とした雪山を築造しました。

サミットプレス棟の雪冷房

各国報道陣用施設を雪冷房し、北海道の自然エネルギー利用技術をピーアールしました。

名称 合同事務所棟雪冷房装置設置等業務
発注 国土交通省東京航空局
雪中桜の展示

雪山内に桜枝を雪中保存し、サミット時に満開で咲かせ、各国を日本の代表する花で歓迎いたしました。

発注 国土交通省東京航空局
協力 美唄自然エネルギー研究会
江別土器の会

航空広報功労賞受賞

NEXT:利雪技術の展開

このサービスに関するお問い合わせ

伊藤組土建 営業部(建築)

連絡先011-241-8222

メールでのお問い合わせ