文字サイズ

技術・サービス

耐震診断・耐震補強

耐震診断は建物の健康診断です。

耐震診断の必要性

近年、東日本大震災、兵庫県南部地震、新潟県中越地震、福岡県西方沖地震など大規模地震が頻発

どこで地震が発生してもおかしくない状況

東海地震、東南海地震、南海地震、首都直下地震等の発生の切迫性

いつ地震が発生してもおかしくない状況

多発する日本の地震

現在の建築基準法で定める建物の耐震性能

建物が既存している間に何回か遭遇しそうな地震に対しては、ひびが入るなど多少の被害は受けるにしても、直して住み続けられる程度の壊れ方で収まる事

震度階Ⅴ弱程度を想定

建物が建っている間に遭遇するかどうかの極めて稀におきる大地震に対しては、建物は使えなくなる程度に壊れたとしても、逃げる間もないような急な壊れ方をしない事

震度階Ⅵ弱程度を想定

古い建物ほど危険です!

昭和56年以前の建築物(「新耐震」以前の建築物)に大きな被害

1995年に起こった阪神大震災では、この新耐震設計法による建築物の被害は軽微でありその効果が確認されました。

伊藤組土建では1981年以前の建物について、特に耐震診断及び耐震補強改修をお薦めいたします。

こんな建物が危ない!

タイプ別、3つのチェックポイント

安心安全と思っている建物も、様々な危険性を持ち合わせています。

1.古い建築年月日と、老朽化が進んだ建物
  • 1981年(昭和56年)以前の建物。特に1971年(昭和46年)以前の建物物件
  • 壁や基礎のひび割れや、雨漏りの跡、建物の傾斜、老朽化の度合い
2.建物のバランスの悪い建物

3.地盤条件が悪い敷地に建てられた建物

耐震診断・耐震改修の流れ

公的資金助成・融資制度

[耐震診断・耐震補強の補助制度]
耐震診断や耐震補強に対する補助・融資制度、税制上による特例措置があります。建物の用途や規模、地域、公共性によってそれぞれ補助が受けられます。

[耐震補強の融資制度]
政府系金融機関による低金利の融資制度があります。

※詳細については、自治体レベルで様々であり、見直しや制度が毎年度ごとに行われているため、所在地の市町村区に問い合わせが必要です。

耐震補強の方法

伊藤組土建はお客様の条件に適した補強方法をご提案します。

耐震補強の種類

耐震診断・耐震補強の当社実績例

札幌市立西小学校(耐震診断・耐震補強)
【鉄骨ブレース補強】平成24年11月

札幌市立西小学校(耐震診断・耐震補強)
【鉄骨ブレース補強】平成24年11月

札幌市内庁舎(免震改修) 平成21年3月

寒地土木研究所管理棟(耐震構造改修)
【鉄骨ブレース補強】平成19年3月

札幌市内庁舎(耐震改修)
【タイロッド補強、炭素繊維補強】平成15年12月

札幌市 国際ビル(耐震診断・耐震補強)
【外付けPCaフレーム工法】

室蘭市 室蘭工業大学(耐震補強)
【ピタコラム工法】

北海道交通事業協同組合交運ビル
【ピタコラム工法】

札幌市 110ビル(免震構造)

このサービスに関するお問い合わせ

伊藤組土建 リニューアル部

連絡先011-241-8304

メールでのお問い合わせ