文字サイズ

技術・サービス

土木技術

安全と環境に配慮した都市インフラ工事 スキージャンプ台工事のパイオニアとして
極寒の山間地における覆工 知床の自然環境を守るウォータータイトトンネル
解析に基づいた安全かつ確実な施工 情報化施工への対応
各種新技術への対応 ICTを活用した攪拌管理
ICTを活用した盛土施工管理  

スキージャンプ台工事のパイオニアとして

スキージャンプ台工事の実績

オリンピックやワールドカップが開催できるスキージャンプ台の工事は、mm単位の施工精度やジャンプ競技特有のノウハウが必要となり、ジャンプ台の工事ができる建設会社は日本国内でも限られています。そうした中、我社はスキージャンプ台工事のパイオニアとしての道をこれまで歩んできました。

ジャンプ台工事の実績
  • 宮の森ジャンプ競技場ノーマルヒル(K=90)(写真1)【北海道札幌市】
  • 荒井山ジャンプ競技場ミディアムヒル(K=55)・スモールヒル(K=25)【北海道札幌市】
  • 名寄ピヤシリシャンツェノーマルヒル(K=90)【北海道名寄市】
  • 竹鶴シャンツェ・笠谷シャンツェミディアムヒル(K=55)・スモールヒル(K=25)【北海道余市町】
  • 朝日三望台シャンツェミディアムヒル(K=60)・スモールヒル(K=40)【北海道士別市】

これらの実績が認められて2013年には、温泉観光地として有名な山形県山形市蔵王でジャンプ台改修工事を施工しました。

写真1.宮の森ジャンプ競技場

山形市蔵王ジャンプ台改修工事の経緯

建設後30年以上経過した蔵王ジャンプ台を、ワールドカップ国際基準や国際スキー連盟(FIS)の新規格の助走路(アプローチ)となるように角度変更を行うこととなりました。また、ワールドカップ開催基準として義務化されている助走路の冷却装置も新たに設置しました。

ジャンプ台工事の実績

写真2.改修前の蔵王ジャンプ台 (2013年4月)

写真3.改修後の蔵王ジャンプ台(2013年12月)

蔵王ジャンプ台改修工事では自動追尾型のトータルステーションを使用し、助走路の形状を3次元計測で管理して、測量の精度を高めました。 また、ランディングバーン(着地部分)からスタート台頂部までの高低差が約100mもあり、240t級の大型クレーンで資機材の荷揚げを行いました。ジャンプ台の工事では、大型クレーンの適切な作業計画、スロープ部で稼働する重機の作業計画、高所からの墜落転落対策などの安全管理もとても重要になります。

ステップ1 改修前の旧助走路

ステップ2 旧助走路の撤去

ステップ3 大型クレーン240tを活用

ステップ4 新助走路の基礎コンクリート

ステップ5 新助走路の仕上げコンクリート

ステップ6 新助走路のレール設置

ステップ7 新助走路の完成

NEXT:極寒の山間地における覆工

このサービスに関するお問い合わせ

伊藤組土建 土木部

連絡先011-241-8296

メールでのお問い合わせ