文字サイズ

採用情報

伊藤組土建を知る

創業以来、北海道開拓の歴史とともに歩み続けて120余年 豊富な施工経験と絶えざる研さんにより豊かな社会環境を創造する、責任ある総合建設業 伊藤組土建の総合力・技術力

伊藤組土建は2013年に創業120周年を迎えました。
北海道開拓の歴史とともに歩んできた、全方位の総合建設会社です。
北の大地に道を拓き、ライフラインを確保し、インフラを整え、さまざまな建造物をつくってきました。それは、時代の要請に応えて最新技術を習得し、発揮してきた歴史でもあります。
社是は「責任観念」と「誠心誠意」。21世紀社会に相応しい再生可能エネルギーや環境保全・耐震技術などを進化させ、これからも北海道はもちろん、日本全国・世界に貢献していきます。

あらゆるプロジェクトに対応する総合力・技術力

伊藤組土建では、つねに最新の技術を取り入れ、さまざまな建築工事・土木工事の施工を行っています。
建築では公共施設、教育・文化・スポーツ施設、オフィスビル、高層マンションなど。
土木では道路、橋梁、トンネル、ダム、鉄道、河川改修・築堤・護岸、土地造成など、多種多様な実績を持ち、高い技術力を評価されています。

伊藤組土建の環境技術(太陽光発電・利雪技術)

札幌駅北口にある伊藤組110ビルでは、屋上に設置した8面体のソーラータワー(5面に太陽光パネル)などにより太陽光発電を行い、7年間の累計で133,000kWhを超える発電をしました。
平成20年開催の洞爺湖サミットでは、国際メディアセンター建設工事内で太陽光発電パネルシステムを施工し、終了後にはリユースしました。
また積雪地帯である北海道の特性を活かした利雪技術や、換気廃熱利用、土壌汚染浄化など、最先端の環境技術を取り入れています。

パイオニア精神で北海道をつくる

伊藤組の先人たちは、つねに北海道のパイオニアたらんと目標を掲げてまいりました。初代から脈々と受け継がれているものに「責任観念」「誠心誠意」この二つの言葉があります。これこそが伊藤組のバックボーンであり、社是となっていま社員に引き継がれているのです。
北海道の発展の歴史とともに歩んできたことを誇りとし、常に創業の気概と、パイオニア精神を忘れることなく、21世紀の豊かな社会環境を創造していきたいと考えています。

職場環境

事業所 本社:札幌
支店:東京、仙台
営業所:帯広、旭川、苫小牧、函館、千歳、埼玉、岩手
勤務時間 8:45~17:30
※作業所勤務時の勤務時間および休日等は、業務の実情にあわせて別途定めています。
休日・休暇 週休2日(土・日)、祝日、年末年始休暇、夏季休暇、創業記念日、有給休暇(初年度10日・最高20日)、慶弔等特別休暇
平均年齢 42.4歳(男42.6 女38.4)
社会保険等 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、企業型確定拠出年金
福利厚生 住宅・一般資金貸付、財形貯蓄、育児休業制度、介護休業制度
寮・社宅 指定施設について一部費用を会社負担(利用条件あり)
作業所勤務時の宿泊先は会社が手配
労働組合
定年制 60歳(再雇用制度あり・満65歳まで)